専攻医 救急科
前田 玲佳
INTERVIEW03 初期研修では学ぶ機会の少なかった疾患を幅広く診療
現在までの経歴を教えてください。

福島県立医科大学を卒業し、初期研修を当院で行いました。

現在は後期研修として、太田記念病院で救急科を専攻しています。

専攻されている診療科とその診療科を志望した理由をお聞かせください。

もともと全身管理や診断学に興味がありました。
そうした分野の中で、特に迅速な判断が求められ、各科との連携のもと軽症から超重症まで多岐にわたる疾患に対応できるスキルを身につけられるのは救急科だと感じました。

また、当院の救急科では、ERだけでなく、ICUや一般病棟での入院治療にかかわることができ、救急搬送から退院まで診察することができることに魅力を感じました。

専門研修先に太田記念病院を選んだ理由を教えてください。

私は当院で2年間の初期研修を行いました。
当院の救急科では軽症から重症まですべての救急患者を断ることなく受け入れており、断らない救急を実践できるということに惹かれました。
また、看護師やコメディカルなどとも良好なコミュニケーションが取れており、一丸となって救命しようとする熱意に共感しました

現在の診療科の雰囲気や特徴は?

最初は救急科というときつくて厳しいというイメージをもっていました。しかし、実際は上級医の方々は気さくで相談しやすく、指導力も抜群で緊急時や多数の救急患者が搬送された時など、一人で対応することが難しい時はすぐに駆け付けてくれます。

また、当院の救急科では、多発外傷、広範囲熱傷、中毒といった救急科領域疾患はもちろん、高齢者の内因性疾患などのCommon diseaseや原因不明の疾患など幅広く対応しています。

指導医の先生や看護師・コメディカルの方々とのコミュニケーションはいかがですか?

聖徳太子が唱えたチームワークの大切さを表す「以和為貴」に着想を得た「以和救命」をスローガンに、診療科や職種の垣根を越えて協力しています。
何気ない会話に励まさせることも多々あります。

専攻医同士の交流はありますか?

時折ごはんに行くなどしてお互いの話を聞きあっています。

研修の中で、大変だと感じること、苦労していることはありますか?

直接、生死にかかわりあう心理的な負荷を感じることはあります。
大変だったことを話したり趣味の時間を作ることで意識的にリフレッシュしています。

太田記念病院の研修

特徴は圧倒的な症例数です。
指導医の数に対して研修生が少なく自分のやる気次第でいくらでも研修を積むことができます。

太田記念病院のどのようなところに働きやすさを感じますか?

地方の病院ならではの医師、コメディカル、患者さんの温かさが素敵です。
院内での「こんにちは」に元気をもらうことも多いです。

現在の1日の大まかな流れを教えてください。

朝は入院患者を中心としたカンファレンスに始まり、続いてICUカンファレンス、それから病棟回診、病棟業務と外来業務です。
夕方はまた回診、カルテの記載などをして業務を終わります。

当直体制について教えてください。

月4-5回の当直を行っています。
現在は一人で当直していますが上級医の先生方にすぐに相談できる制度になっており、心強く感じています。

休日の過ごし方を教えてください。

やる気が出た日はランニングや買い物などに出かけています。

今後のキャリアプランや目標を教えてください。

今後は救急科の専門医を取得するとともにサブスペシャリティも選択していきたいです。

TOP