教育体制

太田記念病院臨床研修について

臨床研修管理委員会 委員長長野 拓郎(臨床研修プログラム責任者)

「当院のある太田市は群馬県東毛地区にある人口約22万人の工業都市です。そして、当院は太田市最大の総合病院であり、市民病院のないこの地域での中心的施設となっています。したがって、各科ともcommon diseaseから専門的治療を必要とする疾患をバランスよく経験することができます。各科とも救急患者が多く、年間約5,000台の救急車を受け入れており、研修医が内科や小児科を中心としたプライマリケアーを学ぶのに非常によい環境であると思います。さらに循環器内科、外科、脳神経外科、整形外科、泌尿器科などの専門的治療のレベルも高く、多くの手術症例もあります。また、若年人口の割合が比較的高く、小児救急医療の需要が非常に多い地域です。
また研修医の様々の相談に応じ、私も直接意見を聞いて研修医の意見はなるべく反映するようにしております。
当院は慶應大学、群馬大学、東邦大学、東海大学、等様々な出身医師で成り立っていますが、各科の連携がうまくいっており、どの大学出身の研修医にとっても研修しやすい環境であると思います。2年間の研修終了後、引き続き当院で後期研修を希望する場合は、原則として受け入れる予定です。
熱意のある皆さんの応募をお待ちしています」

長野 拓郎

太田記念病院臨床研修プログラム

目的

「人間性豊かな臨床の実践」を目指す。いわゆるプライマリケアーを行うための基本的な知識と技術を習得すると共に患者様とのコミュニケーションを大切にする意識を養成する。また各専門科の基本的な知識も学び、それらの知識を統合し、あたたかい思いやりの心を持った全人的な疾患を持つ人の見方を習得し、実践できる医師の養成を目的とする。

特徴

本プログラムではプライマリケアーを身につけるため、基本研修科をまずローテートし基本的医療知識・医療技術・チーム医療などの基本的診療能力を習得します。
さらに2年次には選択研修の期間が11ヶ月間設けてあり、本人の希望に副えるようにしています。
当院は小児救急を含め救急患者が多く数多くの救急症例を経験できます。

研修課程

研修期間2年間の
 ローテート方式
1年次の研修
2年次の研修
基本ローテート
基本ローテート
研修内容の概要
  • 1年次、内科研修は、6ヶ月間行う。
    消化器内科・呼吸器内科・内分泌内科・循環器内科・神経内科・腎臓内科(協力病院含む)
  • 選択必修は、小児科・産婦人科・外科・麻酔科・精神科より2科選択し、3ヶ月間行う。
  • 救急の研修は、救急科にて3ヶ月間行う。
  • 自由選択
    外科(外科・小児外科・乳腺外科・心臓血管外科)・泌尿器科・脳神経外科・整形外科・耳鼻咽喉科・眼科・皮膚科・放射線科
    ※内科系(6科)・救急科・選択必修科も再度選択可能。
  • 地域医療
    地域の開業医・離島・保健福祉事務所などから選択し、1か月間行う。
  • 2年次の選択研修は、当院の診療科もしくは協力病院にて本人の希望する科を11ヶ月間研修する。
    各科の研修期間は1ヶ月以上3ヶ月以下とする。
    また、すでに研修した基本研修科を再度研修することも可能である。
研修開始日 4月1日(入職オリエンテーションを含む)
研修場所 当院、三枚橋病院、伊勢崎市民病院、東邦病院、太田保健福祉事務所、川田クリニック、後藤クリニック、鈴木医院、伊江村立診療所(沖縄県)
研修評価 研修医による自己評価結果、指導医評価結果、指導責任者評価結果をもとに研修管理委員会が総合評価をします。(EPOCを使用します)
研修修了後の進路
  1. 当院に引き続き勤務し後期研修をする。
    (但し、当院が基幹施設の基本領域に限る)
  2. 大学病院あるいは他の病院への勤務
  3. 大学院への進学

いずれの場合も当該施設と協議し、その基準により決定される。
その他の進路についても臨床研修管理委員会に相談し、研修医がみずから選択する。

TOP